白内障の予防をしよう|キウォフハートなど便利な動物薬はたくさん売られています

キウォフハートなど便利な動物薬はたくさん売られています

山積みの白い錠剤

白内障の予防をしよう

容器からこぼれている錠剤

フィラリア症はとっても怖い症状ですが、もちろん犬は他にも色々な病気を患います。
あなたが気づかないうちにいろんな病気を持ってしまうかもしれないので、ここでは犬に起こりうる「白内障」についての話をしていきましょう。

まず白内障というとよく人間にも起こる症状のひとつですよね。
犬も人間とまったく同じように白内障になる可能性が常にあります。
白内障という症状は、水晶体の一部だったり全体が白濁してしまう現象をいいます。
基本的には犬の場合、6歳以降に白内障が見られやすくなっています。
人間と同じで年齢が進むにつれどんどん症状が進行してしまいますが、白内障になったからといって完全に失明するとはかぎりません。
また白内障になる原因としては糖尿病だったり他の疾患によって両側性に発症する場合や、あとは目による重度の外傷などでも起こってしまう可能性があります。
ちなみに他にも遺伝による原因で白内障を起こしてしまう犬も存在します。
その場合は6歳未満であっても起こるので、あなたの愛犬の目が白くなってないかどうか一度チェックしてみてください。

では実際に白内障になってしまったらどうすればいいか?
治療方法としてよく用いられるのは主に内科的な薬物療法や外貨的な手術療法になります。
手術となってくるとおおごとになるので、最初は「シーナック」と呼ばれる薬を使うのがおすすめです。
シーナックは白内障の点眼薬で有名な「キャンC」と呼ばれる薬のジェネリックで、とても強力な酸化防止剤です。
またシーナックはグリセリンとけい酸カルボキシメチルセルロースが主成分となっているので、ドライアイを防いであげることができます。